花粉症で苦しむ女性とアレグラの画像

毎年毎年、花粉が飛ぶ時期が来る度に憂鬱でしたが私はこのアレグラという花粉症治療薬で、普通に季節の変わり目を楽しめるようになりました。会社のお花見なども普通に楽しめるようになりました。そのアレグラをご紹介いたします!

アレグラのジェネリックはどんなものがある?

アレルギー性鼻炎や蕁麻疹、湿疹やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患などに効果と効能をもつ、アレグラという錠剤の内服薬があります。
このアレグラは、フェキソフェナジン塩酸塩と呼ばれる成分が主成分となっていて、アレルギーの症状を抑える薬として、広く用いられ処方されています。
アレルギーの発症にかかわっている、ヒスタミンの受容体をブロックしてくれるもので、第2世代の抗ヒスタミン薬とされています。
抗ヒスタミン薬に現れることの多い眠気ですが、アレグラの場合ですと眠気を催すことは少ないとされていますから、多くの方に処方されています。
現在では、フェキソフェナジン塩酸塩の成分で製造されているアレグラのジェネリック医薬品が、20を超える製薬会社から発売されています。
効果と効能、主成分のフェキソフェナジン塩酸塩などはアレグラと同じであり、それぞれの製薬会社によって使用されている添加物などに少し違いがみられます。
ジェネリックの中には、先発医薬品のアレグラと同等の医薬品があるといいますが、何れのジェネリック医薬品も薬価は、およそ14円~34円となっていて、先発医薬品に比べてジェネリック医薬品の方が30円程度安くなっています。
このジェネリックの医薬品名は、フェキソフェナジン塩酸塩になり、規格の後ろに表されている「」の中に表示されている固有文字で、製薬会社などを区別しています。
アレグラの用法と用量は、通常成人にフェキソフェナジン塩酸塩として、1回60mgを1日2回服用することとされていますが、多くのジェネリック医薬品も同じように、通常成人に1回60mgを1日2回服用するものとしていますので、薬価の安いジェネリック医薬品を選択されるのもいいでしょう。